離婚による住宅ローン・財産分与で良くある悩み≪残債・名義変更≫

link2

残業代の未払い請求をしたい!タイムカード等の証拠なしでも大丈夫?

自分の残業した分のお給料は、あきらめずにしっかりと請求する権利があります。一人で争うことを思うと心が折れそうになるかもしれませんが、労働問題に強い専門家を味方につけることで、早期解決につながることも少なくはありません。やはり、労働者側に専門家が付いていることが分かると、経営者側も正当な理由もなく支払わないわけにはいかないでしょう。それでも、解決しない場合には、裁判沙汰になってしまうこともあります。そうすると長期戦になることも考えられるので、できれば避けたいところですが、こればかりはどうしようもありません。


厚生労働省 東京労働局

労働・職業・雇用などに関する業務を行なっている公的な機関です。関連する手続きを行っている他にも、職場でのトラブルに困っている人向けの解決援助サービスを行なっています。突然の解雇・賃金引下げといった労働者側からも、事業主側からのトラブル相談にも対応してくれるそうです。総合労働相談コーナーの利用は無料です。


親権を父親が勝ち取る方法は?親権問題で裁判をお考えの方へ

夫婦の関係が何らかの理由でこじれてしまい話し合いの末に離婚となることがあります。離婚そのものに応じることができても、親権に関してだけは絶対に譲れないという方もいらっしゃいます。また、養育費や慰謝料、財産分与で揉めてしまい、決着までに時間がかかることもあります。夫婦とはいえ、意見のぶつかり合いになってしまい、全然話が前に進まず時間だけがすぎていくという話もけっこう聞きます。早い段階での和解案や妥協点を見つけるためにも弁護士の協力というのは欠かせない存在ではないのでしょうか。特に裁判では、その後の結果にも大きく影響を与えることにもなりかねません。